活動理念

Colorsはではそれぞれの個性、能力を色ととらえて、様々な色が活躍できる社会を目指しています。それは多様な人物がこの世界には存在し、それぞれが違っていることを認めあえる社会です。

障害があっても、自由に学んで、遊んで、働くことができるはずです。可能性はいくらでもあります。これは、障害者だけに限った話ではありません。障害者ができることは誰にとっても可能だということです。

Colorsはそのきっかけを作りたい。

Colorsの活動は障害者同士が交流することによってそれぞれの社会進出の壁を取り除くこと。支援者がいるということを障害当事者に知ってもらうこと。すでに支援を受けている場合はそれを互いに伝え合うこと。

障害者差別解消法の施行に伴って、障害者の要望に過度ではない範囲で配慮することが義務化されました。社会進出するいいタイミングです。踏み出していこう。