MacでプレゼンならKeynote ソースコードの挿入

まず、Keynoteについて説明しておこうと思います。KeynoteはMac用のプレゼンテーションツールのことです。パワーポイントみたいなものですね。いくつかテーマが用意されているのですが、どれもインパクトがあるものばかりです。操作性もパフォーマンスも特に文句はありません。

本題に戻りますね。Keynoteにハイライトされたソースコードを挿入するにはRTFでフォーマットする必要があるのです。次の記事にその方法が書いてありました。

Keynoteにソースコードを貼る
pirosikick

ソースコードのハイライトにはhighlightを使います。highlightはHomebrewを利用することで簡単にインストールすることができるんですが、ここでMac特有の先進的なセキュリティ技術が悪い意味で邪魔をしてくる。

Appleめ、なんてことをしてくれるんだ。対処方法は多分これ。

というわけでハイライトしてみた。

これには欠点があるようでというより、バグかな。この方は、日本語が文字化けすると書いてあるのだけど、日本語が含まれているとハイライトさせた状態で貼り付けることができませんでした。

日本語が含まれていないものなら問題ないんだけど、う〜ん。。。こうじゃない感は否定できません。やっぱり、画像の方がいいのかもしれない。

参考

最後に

この記事を読んでいただきありがとうございます。

タイヤキです。ゲームやプログラミングを通じて障害者と健常者の関わりを深める活動を進めて行こうと思っています。デュシャンヌ型筋ジストロフィーという難病で人工呼吸器と電動車椅子を使っています。ゲーマーでプログラマーです。基本的に自宅で過ごしています。暇です。暇です。パズドラ、黒猫のウィズ、シャドウバースやってます。

ゲーム・プログラミング仲間募集中!

是非、コメントよろしくお願いします。記事に対する質問にもお答えできる範囲でお答えしようと思っています。

コメントを残す