「利用者のニーズ支援について」講演会に参加しました

本日は愛媛県砥部町文化会館で開催されました精神障害者地域生活支援協議会第3回研修会に参加してきました。

講師の田所さんが1時間ほどお話ししてくださいました。田所さんお疲れ様です。障害者の支援をどこまで行うか、いつまで行うか、どうやって行うかを考える講演でした。

重要だと思った部分をまとめてみました。

  • 支援には「場」と「人」と「     」が成立する。「     」に入る言葉はケースバイケースで変わってくる。
  • 障害者のニーズに沿った支援が必要である。障害者の望みの実現のため、生きるため、ニーズを伝えられるように。

講演の後にグループワークを行いました。グループワークでは支援をしていく上での悩みや日常生活における当事者の悩みを交換しました。

本当に参加してよかったと思います。3人の方から名刺をいただきましたので、あとで連絡したいと思います。

最後に

この記事を読んでいただきありがとうございます。

タイヤキです。障害者と健常者の関わりを深める活動を進めて行こうと思っています。筋ジストロフィーという難病で人工呼吸器と電動車椅子を使っています。基本的に自宅で過ごしています。暇です。一日中パソコンの前にいますので、お仕事いただけるとありがたいです。

是非、コメントよろしくお願いします。記事に対する質問にもお答えできる範囲でお答えしようと思っています。

コメントを残す