障害者が働きやすい環境とは

身体障害者と言っても、様々な障害があります。肢体不自由の障害者が働く上で重要なことは次の4つだと思います。ここで覚えていただきたいのはこの4つは必須項目であるということです。障害者が働きにくい理由はこれだけではないんです。

  • 勤務日数を調整する
  • 勤務時間を調整する
  • 仕事量を調整する
  • 勤務場所を考える

さて、それぞれの項目について考えていく前に障害者が働きやすい環境が整備されるということが何を示しているか、読者のみなさんはわかりますか。答えは、健常者が働きやすい環境が整備されるということに他なりません。

勤務日数を調整する

勤務日数が多くなると、身体に過度に負担がかかる可能性があります。一方で、勤務日数が少なすぎると本人が必要とする報酬を払えなくなってしまいます。身体への負担、必要とする報酬をてんびんにかける必要があると思います。

勤務時間を調整する

1日の勤務時間についてですが、勤務時間は長くなるのにつれて体調が悪くなっていくとか、時間帯によって作業効率が変わってしまいます。体調の変化については本人が最も詳しいと思いますので、よく相談をして決めていきましょう。

仕事量を調整する

これは当たり前のことですが、本人の障害の程度や実力によって作業効率が変わります。また、力を使う作業はできない場合がほとんどです。適切な仕事を割り振るようにしましょう。

勤務場所を考える

本人の障害の程度によっては通勤が困難である場合があります。また、通勤が可能であってもそれによる体力の消費は避けることができません。このように通勤が困難である場合は在宅で仕事を行う、在宅勤務を考える必要があると思います。週に2回は在宅、他の日は出勤という勤務もありだと思います。

まとめ

簡単に僕自身の考えをまとめてみました。簡単なようで難しいとは思いますが、真剣に考えないといけないことです。

最後に

この記事を読んでいただきありがとうございます。

タイヤキです。障害者と健常者の関わりを深める活動を進めて行こうと思っています。筋ジストロフィーという難病で人工呼吸器と電動車椅子を使っています。基本的に自宅で過ごしています。暇です。一日中パソコンの前にいますので、お仕事いただけるとありがたいです。

是非、コメントよろしくお願いします。記事に対する質問にもお答えできる範囲でお答えしようと思っています。

コメントを残す