GitHubのリポジトリをローカルに反映 & プッシュまでの流れ

リポジトリの作成

まずは、リポジトリの作成からはじめます。リポジトリについては多分どこかで説明します。GitHubにあるリポジトリはリモートリポジトリ、自分のパソコンにあるリポジトリはローカルリポジトリと呼びます。

  • 所有者 taishi41228
  • リポジトリ名 ty-test-repo
  • 公開状態 Public

公開鍵を設置する

こちらにアクセスします。https://github.com/settings/keys

公開鍵をコピーして貼り付けます。

SSH接続を確認する

リモートリポジトリをクローンする

コミットとプッシュ

GitHubの解説通りにコミットとプッシュします。

これで一連の作業は終わりです。

最後に

この記事を読んでいただきありがとうございます。

タイヤキです。障害者と健常者の関わりを深める活動を進めて行こうと思っています。筋ジストロフィーという難病で人工呼吸器と電動車椅子を使っています。基本的に自宅で過ごしています。暇です。一日中パソコンの前にいますので、お仕事いただけるとありがたいです。

是非、コメントよろしくお願いします。記事に対する質問にもお答えできる範囲でお答えしようと思っています。

タイヤキ

国公立大学卒のタイヤキです。デュシャンヌ型筋ジストロフィー、人工呼吸器、電動車椅子、ゲーマー、プログラマー。プログラマー歴4カ月 Google Apps Script使えます。ウェブ関係のプログラミングが得意。

ゲームはパズドラ、黒猫のウィズ、ブレイブフロンティア、シャドウバース、モンスト、白猫プロジェクトなど。

コメントを残す