人生やっぱりお金、それとも?

今まで生きてきて思ったこと。人生やっぱりお金なんだってこと。正確に言えばお金に相当するものですが。

お金があればどこにでもいける。お金があれば障害者だって、誰だって助けてくれる。お金があれば、お金を分け与えて、地位を上げることも簡単にできる。

逆に言えば、お金がなければどこにも行けない。お金がなければ誰も助けてくれない。お金がなければ、地位も低くなる。

国の補助

日本では障害年金生活保護などで生活に必要なお金を支給されます。僕は障害年金の1級に相当するため、年間約98万円程度の支給があります。生まれてからずっと実家で過ごしているため光熱費も家賃も払っていないので、貯金、貯金からの貯金。

勘違いしている方も多くいると思いますので、言っておきます。障害年金は受給者が働いていることとは無関係です。働いていても一定の金額以上の収入を超えない限り支給されます。だいぶ雑な感じの表にしてみました。

収入 支給額
0円 全額
400万円以上 半額
500万円以上 0

これを見てわかる通り意外と働けるじゃんって思ったんじゃないですか。そうです。そうなんです。働ける人は働きましょう。

参考

  • 障害基礎年金の受給要件・支給開始時期・計算方法 www.nenkin.go.jp

最後に

この記事を読んでいただきありがとうございます。

タイヤキです。障害者と健常者の関わりを深める活動を進めて行こうと思っています。筋ジストロフィーという難病で人工呼吸器と電動車椅子を使っています。基本的に自宅で過ごしています。暇です。一日中パソコンの前にいますので、お仕事いただけるとありがたいです。

是非、コメントよろしくお願いします。記事に対する質問にもお答えできる範囲でお答えしようと思っています。

タイヤキ

国公立大学卒のタイヤキです。デュシャンヌ型筋ジストロフィー、人工呼吸器、電動車椅子、ゲーマー、プログラマー。プログラマー歴4カ月 Google Apps Script使えます。ウェブ関係のプログラミングが得意。

ゲームはパズドラ、黒猫のウィズ、ブレイブフロンティア、シャドウバース、モンスト、白猫プロジェクトなど。

コメントを残す